Fumi Grace Finch

Transform Your Life and live in the brand new world

大天使ブタイルと宇宙銀河連盟

コメントする

毎日、ダイアナクーパーは動画のメッセージをFB上に載せて下さっています。それらはいつも、簡単な奉仕ができるエクササイズや瞑想の内容です。

動物やお花がどれほど重要で、かつパワフルな助けをしてくれているか、

今必要なプロテクションは何か、今一番助けてくれている存在は誰か、

地球の為に10分もあれば私達ができるサービスワークが紹介されています。

自分の願いと共に、毎日全体の為、国に為、地球の為に天使やマスター、ユニコーンにお願いをする事で、自分が抱える悩みや問題は魔法の様に消えてしまう、、、、その素晴らしさをいつも実感しています。

心、ハートから、人の為、皆の為、動物や自然、地球の為に願い、熱望すると、その光を天使が使って素晴らしい結果をもたらしてくれます。願いが大きければ大きい程、自分自身が持っている問題はさらっと解決してしまいます。

今日伝えられたメッセージは、私達の波動が上昇した為に、宇宙銀河連盟に直接嘆願、お願いができるようになっている事、それを仲介してくれるのは大天使ブタイリルであるという事です。

また、今日は、地球の子供達が進化した教育を受け、個人的な才能を開花させて行く事ができるように、皆でする嘆願のお誘いでした。

先日の基礎編にご参加下さった方が、子供の右脳教育のお仕事をされていて、新しい魂の子供達、素晴らしく進化した子供達が、古い形の教育システムの中にあっても、その才能を潰す事なく、地球上で能力を開いて行く事ができる、という希望あふれるお話を伺いました。

同時にご自分の幼稚園のお子さんに、今からこの進化した教育を与えたいと願う方から、個人セッションの形でスピリチュアルな教えを与えてもらいたい、というご希望を頂き、明日から始める事となっています。

夏には、自然の中で過ごしながら、子供の為のセッションをするという計画も実現しそうです。このご希望を下さった方は、幼稚園教諭の経験がある方、すれにダイアナクーパースクールのティーチャーなので、私の教師の経験とスピリチュアルティーチャーの経験を合わせて、一緒に子供達にスピリチュアル的な新しい教育を与えるプロジェクトを進める事も決めました。

私が息子達をインターナショナルスクールに入れるしかなかったのは、母親としてこのままでは子供が潰されてしまうと察知し学校に行かせられない状態になった時、代わりに受け入れてくれた学校が一つしかなかった、宇宙が与えてくれた場所、それがインナーナショナルスクールだったからですが、それを続ける事はとても大変な事でした。

これからは、本格的に地球の未来の為にやって来ている大切な子供達を、大切に育てる具体的な何かができる時代になって来たようで、とてもとても嬉しいです。

そうしなければならない、と気が付くお母さん達が沢山増えて来ているのも素晴らしい事です。そういうお母さんだからこそ、その子供となる事を選んで、エンライトメントに達した魂が記憶喪失のベールをくぐって生まれて来たのでしょう。

しかし、記憶喪失のベールももはやないようで、子供達は色々な情報知識を覚えて伝えてくれています。基礎編にご参加して下さった方の息子さんは、地球空洞について幼児期から話していたそうです。なんとも素晴らしい。

ダイアナクーパーも、子供向けの著書も多数書いており、子供へのスピリチュアル教育についても活動されています。

私もこれまでの経験を統合させながら、子供達に音楽、アート、英語、スピリチュアルを融合させたバランスのとれた教育を提供できるよう努力していきたい、と願っていますし、もうチャンスが与えられている事に心から感謝しています。

10443970_956100034409290_3298182457372262102_n                  2014年12月 イギリス クルーにて

作成者: fumifinch

Sound Crystal Healer, Musician, Translater, Diana Cooper School Principal Teacher

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中